夢のあしあと

ジャニヲタ現場記

サマステキング 8/3 1部

※うろ覚えレポというか感想というか

 

QUEENコーナー
海「私のお姉ちゃん達を紹介するわね。まずは一番上の優しいショウコ~!」
紫「みんな久しぶりね~!やっと前髪が伸びてきたショウコよ」
?「強そう笑」
海「次は怒らせると怖いレンコ~!」
廉「久しぶり~!元気だった?」
(誰も反応しない)
廉「なんで誰も反応しないのよ!!」

海「この国の掟を作りましょ!」
廉「この国はまだできたばかりだから掟がないのよね~。じゃあ誰かいい考えがある人!」
瑞「はい!」
廉「じゃあみずき!」
瑞「僕と、メンバーの橋本、高橋が出演する24時間テレビSPドラマを見なければいけない!」
廉「あーいいじゃない、ほら2人も座ってないでこっち来なさいよ」
紫「ほんとよ他人事みたいにしてないで」
瑞「僕達の他に、NEWSの加藤くん、ジャニーズWESTの小瀧くんも出るのでぜひ見てください!」
廉「掟だから絶対見なきゃいけないだわよ」

みじゅき元の場所に戻ろうとする
海「ここに出てきたら何かやらないと戻れないわよ」
瑞「じゃあいつもと違う風磨くんのモノマネします」
みじゅきの真似してふまのモノマネする平野さんかわいい

廉「じゃあ他にいい考えある人!」
猪「はい!はい!」
廉「何よ誰もいないの?」←猪狩さんスルー
猪「はい!ワンチャン!ワンチャン!」
廉「そんなん言わんでいいから笑」
猪「最近流行ってるんで笑」

猪狩くんが何か喋った時に会場から黄色い悲鳴
猪「今の悲鳴はちょっとよく分かんないんですけど」
全員総ツッコミ
廉「せっかく言ってくれたのにそれは酷いわ!笑」

猪「廉くん(公演が無かったから)会うの久しぶりなんですよね。で、会わない間何してたって聞いたら11時まで寝てたって!僕達毎日8時半起きなのにこの人……」
廉「この人って言ったな!」
れんれん猪狩さんの股間?後ろから攻撃、猪狩さん飛び上がって逃げる

猪「僕達が頑張ってる間廉くんは休んでた代わりに、今ここで胸キュンかましちゃってくださいよ!」
廉「え!?なんで!?まあ胸キュン言うのはまだいいよ、でもこの格好で言っても胸キュンならんやろ!」←女装中
紫「女の子目線でもいいよ」
?「井上を口説いてくださいよ!」

れんれん、みじゅきの耳元で「ねえねえみずき、今夜空いてる?」
紫「うわー、お昼に食べたうなぎが出そう」

海「変な空気になったからモノマネしていい?」カツラを後ろに放り投げる海ちゃん
廉「え?笑 いいよ笑」
海「風磨くんのモノマネします。じゃあ振って!振って!」
廉「海人の風磨くんのモノマネです!」
海ちゃんモノマネ
廉「それただ歯ぎしりしてる人やん笑」


MC
廉「ほんま久しぶりやな~」
紫「久しぶりなん(公演無かった)廉だけやん」
廉「いや、KINGとしてな?」
紫「それ先言うてよ~」

廉「3人で会うのほんま久しぶりなんですよ、」
平野さんがタンブラーの飲み物飲もうとするが、熱くて飲めず会場から笑い
廉「え、どうしたん?」
紫「いやこれ熱くて笑 ごめん笑」
この後もれんれんが喋ろうとする度に会場の笑い声に何度か遮られる
廉「なにこれいじめ!?俺に喋らせて!!」
紫「分かった、これ置いとくから喋って」(マイク床に置く)
廉「いやマイクは置かんといて!喋れへんから!」
海「ねえ聞いて!今俺マイクじゃなくてペットボトルに向かって大丈夫って言ってた笑」
廉「何してんねん!喋っても大丈夫?」
海「でーじょーぶb」

廉「ほんま3人で会うの久しぶりなんですよ、これまで1日も欠かさずずっと一緒にいたのに。だからなんか、夏休み明けみたいな気分になって、今日ちょっと会うの緊張したというか…」
海「あ、それ分かるかも。なんか刹那……」
紫「あーもう最近の言葉ほんま嫌いやわ~ワロタとかオワタとか~」
廉「刹那は前からあるから!……刹那ってどういう意味?」
海「うーん…、俺、本とかで見た言葉意味分からず使ったりするからあんま気にしないで~」
廉「知ったかか笑 知ったかはし笑」

廉「紫耀はPrinceと天才geniusと一緒やろ?」
紫「そうそう、それと松倉松田とちっちゃい子Jr達」
廉「どうやったん?仲いいやん?」
紫「ちっちゃい子Jr?」
廉「違うよPrince!プライベートでもよく遊んでるし」
紫「Princeは可愛い…あ、違う!ちっちゃい子Jr……あっ」
廉「もういいわ笑 海人はLove-tuneと~あ、SnowManか」
海「うん、すすすすすすのーまん……」
廉「それはどもりすぎやろ笑」

廉「それで紫耀はどうやったん?」
紫「俺Princeとはよく話してるけど天才geniusとはあんま話したこと無かったんよね、でも今回話してみたら本高くんとか~ほんとに天才やった」
廉「笑 数学がすごいんやろ?」

廉「紫耀と海人はMCもしてたけどどうやったん?成長した?」
海「俺は成長したって言ってもらった!成長したと思う人~?」
会場<はーい!
廉「今海人の公演行ってない人もはーいって言ったやろ!」ばれた

紫「久しぶりにKINGでおると安心する」
廉「それは俺のこと信頼してくれてるってこと?」
紫「そういう訳じゃないけど……笑 うそうそ笑 信頼してるよ」
廉「ありがとう、俺も2人のこと信頼してるで」

ここのしょうれんの会話で会場が幸せな空気に包まれた……

れんれん、海ちゃんに対して「可愛いよ」
海「ねえ、最近廉俺に甘くね?」
廉「いやなんか、可哀想になってくるんよね笑」
海「なんだ同情か……刹那」
紫「もー!」
廉「(紫耀)おいてかれてるやん」
紫「なんかもうハゲそう」

写真集の話
廉「ウェイクボードやらしてもらったよね、ウェイクボードってどんなんか分かる?(会場に)」
しょうかい同時に「ボートの!」「船の!」
↑楽しくなって何回か繰り返す
廉「そこで楽しまんとって笑」
海「じゃあ俺が説明する~。ボート……やっぱ紫耀お願い」

紫「(ウェイクボード)筋肉痛やばくなかった?あの後公園行ったん覚えてる?」
廉「あー、行ったな!」
紫「そこにアメリカの鉄棒があったんですよ」
廉「アメリカの鉄棒笑」
紫「どうせだからつらさってみようと思ったんですけど、スルメみたいに。痛すぎてできなくて」

海「俺フォロー高橋って呼ばれてるから」

紫「(海人は)KINGのマイナスイオン!」

 

最後幕が引っかかって締まらないハプニング。みんな見えるところに集まってお手振りしてくれた可愛い。

なうぇすと福岡 1/29 2部 メモ

※うろ覚えニュアンスな部分も沢山ありますので発言者や内容が正確な保証はありません。参考程度にお願いします。

※ちなみに他の方のレポは見ていない為完全に私主観です。

 

 

 

MC
桐「今日楽屋に金八先生尾崎豊さんおってんな~もう帰っちゃったかなあ?」
→神ちゃん金八先生のモノマネしながら歌い出す。が、なかなか終わらず
中「もうええわ!」

次はのんちゃんが尾崎豊のモノマネ
望「俺これどんな曲でもできるもん」
桐「じゃあええじゃないかとかは?」
望「できるできる!その方がやりやすい」
尾崎豊のモノマネしながらええじゃないか歌うのんちゃんにメンバーも会場も爆笑

望「モノマネ番組とか出たいねん!」

 

桐「てかコンサート前の楽屋でよくこんな熱唱できるよな笑」
望「俺ずっと歌ってるもんな」
濱「うん、ずっと歌ってる……ふふっ笑」
桐「なに、どしたん?」
濱「いや、一緒にスノーボード行く時(小瀧が)助手席座ってるんやけどさ、いっつも歌ってんねん笑」
望「車の中で曲流してるんですけど、イントロかかって曲名思い出せない時ってあるじゃないですか、で濱ちゃんが『あーこの曲なんて曲やったっけ!』って言うから横で俺が良いタイミングで『十七のしゃがれたブルースを聞きながら~♪(全力で歌ってる)』って。あのこれseventeen's mapって曲なんですけど」
濱「そう、それ聞いて俺ビクゥ!!ってなって」
桐「危ない笑」

重「でもさ、モノマネほんと上手いよな、俺できひんから羨ましいねん」
流「俺もできひん」
重「俺モノマネする側じゃなくてされる側やからさ」
桐「みんなにモノマネされてるよな!錦戸くんとか!」
流「錦戸くんさ、しげのモノマネしてるけど前『俺重岡みたいな声になったら死ぬわ』って言ってたよな笑」
重「ひどくない!?なんでやろな~笑」
桐「仲良いからそうやって言って貰えるんやて」
重「こないだ関ジャニ∞さんの京セラコンサート見に行かせてもらったんですよ、で最後に『ジャニーズWESTが来てくれてます!』って紹介してくれてカメラに映して貰えて、俺その時関ジャニ∞のスタッフのパーカー着てたから、関ジャニって書いてあるとこ見せてうぇーい!ってやってたら錦戸くんが『しげおかぁぁぁあ!!!調子のんなよぉぉおお!!!』って笑 ドームでみんなの前で怒られてん笑」
濱「その後『重岡愛してるでー!』って言ってくれてたで」
重「え、そうなん!?」
濱「そうそう、やけど重岡もうおらんくてあっ…って笑」
桐「だから愛されてんねんて!」

 

桐「関ジャニ∞さんにはお年玉ももらってな、丸山くんなんか袋に入れんと裸のままくれて。安田くんだけなぜかアンパンマンの袋やったけど笑」
重「俺な、安田くんにお礼言いに行ってん、そしたらマッサージ中やったんやけど、マッサージする時のベッドにうつ伏せになって顔出すとこあるやん?『ありがとうございます!』って言ったらそこに顔入れたまま『いいよ!』って笑 可愛らしかった笑」
流「可愛らしかった笑」
桐「おい、先輩やぞ!笑」
重「また調子乗ってるって怒られるわ~笑」

桐「でもこうやって先輩とも仲良くさせてもらってありがたいな」
濱「俺こないだVS嵐出て、緊張しまくって横山くんに助けてもらいっぱなしやった。もう記憶無くなってたもん」
望「え、緊張しすぎると記憶無くすん!?」
濱「こんな事言ってたんやって思いながらOA見てた」
望「それやばいやん!」
濱「現場でみんな笑ってる時俺も笑ってたけどなんで笑ってるんかよく分かってなかったもんな笑」

 

濱「キッキングスナイパーとかあれ簡単そうやと思うやろ?蹴ったら当たるやん!って思うやろ?俺もテレビで見てた時はそう思ってたんやけど実際やってみると全然当たらんねん!」
望「だって何年もやってる嵐さんでも外してるもんな」
桐「あのさ、壁登るやつあるやん?」
?「クリフクライム?」
桐「そうそう!あれ運動神経無いとできひんよな」
望「めっちゃ進化してるよな!」
流「濱ちゃんやってたやん」
濱「俺は運動神経はあるけどバカやから周りが見えへんくなってボタン押すの忘れんねん、だからただ登ってただけ笑」
桐「しかも結構体力使うよな!あとボール落ちてきて走って取るやつ」
?「ピンボールランナーな」
桐「それ、前HOPEで出た時ランナーでやらせてもらったんやけど、司令台のとこ遠憲さんでさ、低い声で『5!6!』とか言うからこわっ!って笑」

神?「取らな殺される笑」

中「俺前出た時ミニカートみたいなん乗るやつあったやん?」
?「ゴーゴースイーパー?」
中「そう、あれめっちゃ楽しかったわ」
流「俺もそれ楽しかった!」
中「一緒にやってたやんな?」
流「え、そうやったっけ?てかおった?」
中「おったわ!笑」

 

桐「またみんなで出たいなあ」
重?「前出たのってズンドコパラダイスのリリースの時やっけ?」
望「ええじゃないかとズンドコ~が同じやんって言われたやつな、懐かしい!」
桐「次もし出れた時は嵐さんに勝ちたいね」

 

望「あと俺こないだ夜会出た」
?「料理作ってたやつや!」
望「そうそう、あれほんとに自分で作ってますからね?」
流「めっちゃ美味そうやったよな、結婚したいって言われてなかった?」
望「言われた!櫻井くんに!」
桐「打ち合わせの時に望がなんかそわそわしてたから『どうしたん?』って聞いたら『今から翔くんにご飯作りに行かなあかんねん』って笑」
望「そん時ちょっと押してたから、巻いて巻いてって。なんとか間に合って作れて喜んでもらったからよかったです」

桐「でも料理できんのいいよな~モンチもやるやろ?」
神「うん、やるやる!」
桐「最近もやってる?」
神「最近はあんまできてないな~忙しいから」
望「でもニョッキとか作ってたやんな?」
神「作ってた!芋から作ったりしてた」
桐「なあNHKでさ、ニョッキって番組なかった?ニョキ、ニョキ、ってやつ!(指でニョッキ表現してる)」

全「あ〜!」

桐「俺ニョッキって聞くとあれ思い出すんよな笑」
流「ガンコちゃんとかもあったよな笑」
桐「ガンコちゃーんってやつな!笑」
重「子供の頃見てたやつってなんかすごい覚えてるよな笑」
中「みんなのドンピシャのやつってなんなん?じゃじゃ丸とか知らん?」
桐「あー知ってる!」
流「なにそれ?おじゃる丸なら知ってるけど」
中「おじゃる丸って何?」
全員「え!知らんの!?」
?「プリンが好きやねん」
桐「3匹の鬼にやられんねんで」
神「そうそう!アオベエ!キスケ!アカネ!って角の上に乗っていくねん」←モノマネしながら
桐「なんでもできるなあ笑」
望「え、忍たま乱太郎は知ってる?」
中「知ってる」
流「ドラえもんは?」
中「そりゃ知ってるよ」
望「ホリエモンは?」
中「知ってるわ!笑 おじゃる丸はなんでやろ?中国おったからかな?」

 

無鉄砲組着替え、残り4人で宣伝タイム
神ちゃん、破門宣伝中の濱ちゃんを頷きながら見てる。それに気づいた流星がのんすけに教える。
神「よかったよ、めっちゃ見たくなった!」

 

神ちゃん大貧乏宣伝
神「望が出てた盲目のヨシノリ先生に出てた女の子も出ててめっちゃ可愛くて」
望「あの子めっちゃ可愛いよな!将来の夢なに?って聞いたら『お姫さま』って!あんな可愛い子役がおるんかって!!」←なぜか尾崎豊風の喋り方w
流「いや、ちょっと待って笑 それ尾崎豊さんやん笑」
望「いやちゃうから!これは小瀧望やから!」
神「普段から尾崎豊さん出てくるようになってきてるんちゃう笑」
流「そうなってくるとほんまやばいで?笑」
望「小瀧望になれるよう頑張ります笑」

なうぇすと福岡 1/29 1部 メモ

※うろ覚えニュアンスな部分も沢山ありますので発言者や内容が正確な保証はありません。参考程度にお願いします。

※ちなみに他の方のレポは見ていない為完全に私主観です。

 

 

最初の挨拶

照史くん「コンサート始まる前にもみんなでええじゃないかとか歌ってくれてありがとう。裏までちゃんと聞こえてます。けど『もう1回!』って言った後に笑いが起きたんなに?笑 俺も一緒にもう1回!って言ってたんやけど自分が笑われてる気分になったわ笑 ……楽しかったなあ?♡」

 

 

MC前、ポーズしたままずっと止まってる関ジュ達

桐「俺らが挨拶するまで関西Jrは動けへんからな、もうちょいこのままでいようか笑」

丈「早くせえ~~!!!」←つらそうw

桐「笑 僕たちがジャニーズWESTでーす!」

急いではけてく関ジュちゃんw

 

 

MC
中「今日みんなでラーメン食べに行ったんですよ」
?「淳太1口しか食べてなかったやん!」
中「いや昨日食べすぎたのがまだ溜まっててん、残り神ちゃんが全部食べてくれてん」
神「そうそう、ほぼそのまんま渡されたから俺2つ分食べたな」
流「朝ごはん食べたん?」
神「食べてへん」
桐「なんか、昨日ごはん食べ行った時と同じトーンで喋ってるな笑」
望「昨日すき焼き食べに行って神ちゃんがみんなの良い所と悪い所言ってくれてんな」
神「なんであんな流れになったんやっけ?」
望「最初濱ちゃんの悪い所言ってたんちゃうん、昨日のMCでの宣伝がグダグダやったから笑」

神「あーそうや!何が言いたいか分からんからちゃんとまとめた方がいいよって」

桐「濱ちゃんって打ち合わせの時も案は持ってきてくれんねんけど全然伝わらんよな笑」

望「俺がいっつも通訳してんもん笑 てか前さ、みんながここはライト何色で〜って話してる時に濱ちゃんだけ『このライトって何個あるんですか?』って言ってそこ!?って笑」

濱「そこがすごい気になってん笑」

?「良い所はなんて言ったんやっけ?」
神「笑顔。作ってない笑顔やねんな、見ててこっちまで幸せになる」
濱ちゃん照れる
重「なんか面白いのあったっけ?」
流「照史のやつやろ笑」
望「なんて言ったんやっけ?」
神「最近痩せたやん?照史は痩せたらあかん、太ってた方が安心する人がたくさんおるから!」

会場拍手

桐「なんで共感するん!?笑」
望「俺のオカンも痩せたって心配してた!」
桐「てかみんな俺が太ってる前提で話してますけど自分では太ってると思ってないですからね?笑」
?「でも前1人で卵かけご飯3杯くらい食べてたやん」
桐「いやそれは言い方が悪いわ!みんなでご飯食べいった時にこっそり卵かけご飯頼んでんな、バレたら怒られるから。やけどバレてしまって、スタッフさんとかも巻き込んでダチョウ倶楽部さんみたいな事始まったんですよ。で、どうぞどうぞってみんなに回していくからまた卵かけご飯頼んで、ダチョウさんして、卵かけご飯頼んでっていうのが何回か続いて、また頼むんやろうな~って頼んで卵かけご飯きたから回そうとしたら『あ、それ食べていいよ』って言われて結局3杯くらい食べさせられて」
流「あれだんだん卵かけご飯出てくんの早くなってたよな笑」
桐「そうそう笑 どうせまた頼むんやろって店員さんも分かってきてて、途中1個しか頼んでないのに一気に2個持ってきたりして笑」

 

桐「1回痩せたんですよ、やけどこないだ朝の12時過ぎてから食べてしまって。食べてる時は気づかんねん、食べ終わってから『こんな時間に食べてしまった…』ってなんねん」
流「この人夜の12時過ぎてから食べる物全部朝ご飯って言ってるから笑」
桐「だって日付変わってんねんから朝ご飯やん」

 

桐「マネージャーもおかしいねん、夜に食べてしまったって言ったら普通止めるやん?やけどうちのマネージャー『いけいけ~!パーティーだ~!』って笑」

 

桐「俺ライザップのCM狙おかな」
ライザップのCMの真似する照史くん
全「いやいや変わってないから笑」

 

桐「俺も羨ましいねん!淳太くんとか足長いし細いし…」
淳太くん全身映り会場「フゥー↑」
次に照史くん映るが会場からは笑い声
桐「ほらこんな反応になんねん!」

 

望「話戻るけどさ、昨日食べたすき焼き屋さんで博多弁話してたやん?めっちゃ可愛くなかった?」
全「可愛かった~!」
望「お母さんみたいな店員さんがさ、隣で『○○(博多弁でなんて言ってたか忘れました)』って言うからグッときて『それいいっすね!』って言ってんな、そしたら『○○って言うのが好きと?』って!隣でやで!?もうクラ~って…」(倒れるふりする)
重「俺らの所のテーブルについてくれてたおばあちゃんはずーっと『すき焼きの卵はな~冷やすためにあるんや!』って言ってたな笑」
桐「あとさ、豆腐としいたけ全然食べさせてくれんくなかった?笑」
望「俺目盗んで豆腐食べようとしたら『それあかん!まだあかん!』って止められたもん笑」
神「でもあのお店めっちゃアットホームでよかったよな」
中「また食べに行きたいな~」

 

破門宣伝
神「50点かな」
濱「よかった~!」
望「昨日のは何点やったん?」
神「昨日のは2点やわ」
望「すごいやん、昨日から48点も上がってんで」


神ちゃん大貧乏宣伝
望「一家に一台木暮くん欲しいよな、だってあんな褒めてくれてあんな動いてくれて。それにちっちゃいし」
神「いやちっちゃいは関係ないやん!」
流「神ちゃん何センチなん?」
神「170.5!」
望「その0.5必要?笑」
神「必要やねん!」
流「でも俺180ちょいあるけど180って言ってるで」
神「背高い人はそうかもしれんけど俺からしたら重要やねん、だって0.5があることによって四捨五入したら171になんねん!だからプロフィールに171cmって書いててもなんの問題も無い!」
望「四捨五入は関係ないと思うんやけど笑」
神「みんな四捨五入習ったやろ?5から上は切り上げやん!だから俺四捨五入したら171cmやん!算数を利用してんねん」
濱「てか俺な、四捨五入嫌いやねん、25歳になった時にさ『四捨五入したら30やな』って言われんのがめっちゃ嫌やってん!なんで四捨五入するん!?俺まだ25やん!って」
望「え、でも25からアラサーやんな?」
濱「そうや、だから俺はバリバリのアラサーやで」
流「俺と神ちゃんも来年アラサーなるんか」
神「ほんまや!」
流「でも23なったあたりから20歳から遠のいた感あったよな笑」
濱「こっちの世界へようこそ」(ターンしながら)